タイトルは良いよね

最近は特に書き殴りたいようなこともないのでブログの更新頻度が減ってしまった。

 

ほとんどの時間を寝ることに費やしてあとはアニメや映画を見ることくらいしかしてないけど全然外に出てないわけでもないという感じだ。

映画を見ても感想が浮かんでこず、「ふーん」という感じで終わる。「メメント」という映画は何回か見ないと理解できない映画らしいが、その通りで全く訳が分からなかった。わからなすぎてどこに疑問を持っていいのかすらわからないくらいだ。考察サイトなどを読んでも、「そんなシーンあったっけ?」という感じである。そんな映画でも最後まで見てしまうほど感動に飢えている。映画を観終わった後の感動というか爽快感みたいなものを味わうことができていない。

昨日はテレビでたまたま放送していた「誘惑は嵐の夜に」というマイナー映画を見たけどマジで「ふーん」という感じの映画だった。母と子の体が入れ替わって、なんやかんやあって最後は戻るという映画だ。誰が見ても「ふーん」という感じだろう。無駄にエロいシーンがあるのでそういう人向けなのかもしれないが、それ目的で見るとしたら物足りなさもある。

 

4月にアベマで放送されていたクレヨンしんちゃんの映画では感動して泣いた。野原一家が海外へ引っ越すことになるのだが、風間君だけ見送りに来ないのだけど、最終的には野原一家が乗り込んだ電車の窓から土手に立つ風間君をしんのすけが見つけるという場面。クレしん映画の中で個人的に一番泣けるシーンである。やはりクレヨンしんちゃんのヒロインは風間君なのだ。

お金が欲しいです

以前書いたブログで、通ってる整骨院の新人さんがテキパキ仕事をこなせるようになっていた、という内容のものを書いた気がするが、その人が「今までの新人で一番覚えが遅い」と怒られているのを聞いてしまった。傍から見れば仕事をこなせてるようであったが一緒に働いてる人たちにとってはそうではないらしい。

もしわたしがそこで働くことになったら、きっと同じことを言われるであろう。

あのような仕事は一つのことに集中するのではなく、いろんなことに注意を傾けなければならない。なかなか難しく、混乱しそうだ。

私は今仕事をしていないが「何もしなかったら治らないよ」と言われて仕事をすることを勧められるが、職場というのは病院のリハビリ施設ではないことをなぜわからないのだろうか。

 

私が通っている町医者は受付の人がやめてしまって、受付がない状況である。医者は時折、働くようにというがそういうのならそこの病院で雇ってほしいものである。病人なりの労働力で満足できるというのなら。

 

むくみがなくなったらマイナス何キロだろうか

足が不快なほどむくむので、メディキュットとオイルマッサージを始めることにした。効果は思ったよりも感じられないけど、しないよりましという感じだ。何もしなくてもむくみとは無縁の人もいるのだから自分のが体質がうらめしい。

 

むくみの原因は血行不良らしいのだが、私の場合血圧が低いので、血行が良くなりすぎると貧血状態になってしまう。血圧を上げるために塩分を多めにとるとむくみの原因になる。まさに三すくみ状態である。

 

それにしてもしょっぱいものっておいしいものが多い。卵黄の味噌漬け、焼味噌などなど私の好きなつまみ系はしょっぱいものが多い。生野菜のサラダとかだし巻き卵ってあんまりお酒に合うと思わないんだよなあ。でも絶対頼む人いるよね、シーザーサラダとか。

 

 

 

 

にんじんカラムーチョ

「人参の細切りとカラムーチョをマヨネーズであえるとおいしすぎて永遠に食べれる」という情報をネットで見つけたので早速やってみた。想像するだけでおいしそうな気がするし、お手軽だから試してみたいって思うでしょう。

 

やってみた結果、そんな手間をかけるほどおいしいものではない、と思った。カラムーチョの味が薄まるような食べ方は私好みではないなと思った。カラムーチョはそのまま食べるのが一番おいしいし、にんじんは火を通したほうが甘みがあって好きだ。

 

ポテチのふりかけとか商品化されてるけどあれはどうなんでしょうね。あれもあんまりおいしくなさそうだな。あ、でもカラムーチョ梅味だったらゆかりみたいな感じでおいしそうな気もする。

サイゼでプハー

ゴールデンウィークは横浜や鎌倉で遊んだりしてまあまあ充実してたのしい日々を過ごしたけど、ゴールデンウィーク明けからだるかったり寒かったりで寝てるかabemaTVを見るかの生活をしていた。そんな調子の悪さも昨日くらいからましになってきた。

 

アニメはダラダラ見ないで見たい番組を絞ろうとするとママレードボーイ、CCさくら美味しんぼ機関車トーマスコードギアスくらいである。それに加えてドラマのおっさんずラブと月曜から金曜の声優の帯番組も見始めたのでほとんどabemaTVに張り付いているといってもいいくらいだが。

 

abemaTVでは視聴しながらコメントを投稿することもできるのだがコメント欄を見ながら視聴するのが特に面白い。ママレードボーイは完全にギャグアニメに見えるし、美味しんぼは富井部長(通称トミー)が大人気だし、トーマスはエドワードくらいしかイイ奴がいないことがわかるし、コードギアスは扇とニーナが嫌われすぎだ。

 

最近はアニメはオタクじゃなくても結構誰でも見てるものだが、何を見るのかという話になると細分化されていて話が合う人ってほとんどいないよなあと思う。だから「アニメが好き」だけではわかりあえない場合がほとんどだ。といっても内容を観てるそばから忘れて行ってしまうことも多いので同じアニメが好きな人と巡り合えても話し相手にはなれないかもしれない。

 

 

今日はお昼に地元の友達とサイゼリヤに行ってきた。

サイゼリヤに行ったら必ず頼むのが白ワインと辛味チキンだ。今日はこれにプロシュートも付けた。これで千円以内に収まるのだからサイゼリヤはすごい。

ちなみにサイゼリヤサイゼリアで迷った時はサイゼリ屋と覚えておくと間違えないですむ。